-->

オーガナイズドセッション募集

Organized Session Wanted

第15回日本地震工学シンポジウム(15JEES)におけるオーガナイズドセッションの募集

第15回日本地震工学シンポジウム
運営委員会委員長 風間基樹
学術部会長    末冨岩雄

標記シンポジウムは2018年12月6日(木)~8日(土)の3日間の日程で仙台国際センターにて開催する予定です.つきましては,以下の通り,オーガナイズドセッションの募集をいたします.なお参考までに前回のオーガナイズドセッションのテーマを表-1に示します.応募多数の場合には,学術部会にて調整させていただくことがありますので,予めご了承ください.

なお,オーガナイズドセッションにおいては,オーガナイザーは以下の選択肢があります.

  • ①招待講演(オーガナイザーからの勧誘によるもの)のみでセッションを構成する.
  • ②招待講演+一般公募によりセッションを構成する.
  • ③一般公募のみでセッションを構成する.
  • このうち招待講演については,通常,JEESにおいて採用されている発表数の制限(筆頭著者となれるのは1人1件まで)から除外する予定です.

    また,表-2(一般セッション)に挙げられているテーマと重複するテーマであっても,遠慮なくオーガナイズドセッションとして御提案下さい.一般セッションのテーマは,オーガナイズドセッションのテーマの決定後に,再度検討します.

    応募方法

    ※以下の内容をメールでお送り下さい(書式自由).

  • ①セッション名(和文)
  • ②セッション名(英文)
  • ③オーガナイザー氏名、所属、メールアドレス ←必ず2名の連名として下さい
  • ④概要(400字以内)
  • ※連絡先:東京工業大学 松岡昌志(matsuoka.m.ab% m.titech.ac.jp)(%を@に変更して下さい
    (↑メールを受信した場合,必ず返信がありますから御確認下さい)

    ※締め切り 2018年2月20日

    表-1 前回(14JEES)のオーガナイズドセッション

    OS1超巨大地震による強震動と震源過程
    OS2活断層情報と強震動評価
    OS3拡散波動場の特性を活かした新しい地下構造探査手法
    OS4東日本大震災での液状化被害を考える
    OS5東日本大震災におけるライフライン被害の教訓
    OS6巨大地震に対する液体貯槽の防災と減災
    OS7津波荷重評価の最先端と課題
    OS8建築非構造部材の被害とその対策
    OS9原子力安全のための耐津波工学の形成
    OS10大地震から巨大都市をどう守るのか
    OS11東日本大震災における津波避難行動と今後の津波避難対策
    OS12地震・津波災害軽減のためのリモートセンシング応用
    OS13国際セッション

    表-2 15JEESで予定している一般セッション

    地震被害活断層と古地震震源のモデル化と震源特性
    地盤構造と地盤震動強震動予測と入力地震動地震ハザードとゾーネーション
    長周期地震動と対策津波と減災対策土および地盤の動的特性
    地盤の非線形挙動と変状地盤の液状化および側方流動地滑りと斜面災害
    土構造物・ダム基礎および地中構造物動的相互作用
    構造物と構造要素の実験・観測構造物と施設の地震応答木質構造と伝統建築
    免震・制震(制振)知的構造およびヘルスモニタリング耐震診断・改修
    非構造部材および設備耐震設計論および耐震設計基準施設の機能維持・早期回復
    ライフラインと交通システム原子力発電所施設防災計画および防災対策
    地震リスクマネジメント地震時の人間行動および防災教育震災復興・防災まちづくり
    リアルタイム地震防災・緊急地震速報・
    強震観測システムと利活用
    社会・経済、その他災害対策ロボット